Auto Calibration System

常に最高の鑑賞状態を保つために———
究極の解がここに。

高解像度デジタルプラネタリウムを実現するためのマルチプロジェクション技術は、これまで長い時間と経験が必要とされる手作業による調整で実現されてきましたが、革新的なカメラフィードバックによる自動補正システムにより、4K解像度以上のドームスクリーン全体のピクセル単位での歪み補正とブレンディングを、わずか数分のうちに全自動で再調整することができるようになりました。

ランプ交換や施設温度変化によるプロジェクター再調整の作業コストをなくし、いつでも最高の状態での映像投影を可能にします。また、後からのプロジェクターの追加や更新、精密な多重投影による高輝度化・高解像度化など、これまでの考え方を覆す柔軟で拡張性のある投影設計が可能になります。